防犯カメラで犯罪抑止~危険を回避する秘密道具~

防犯カメラ

盗聴器を防ぐ

鍵

盗聴器発見器を活用して防犯するのも一つの方法である。防犯のために防犯カメラを活用するのも一つの方法だろう。防犯カメラは犯罪の証拠を記録するため、犯人を見つけることが可能といえる。

詳細を確認する

ピッキングを防ぐ

ガードマン

ピッキングは鍵開けの方法で、犯罪によく活用されている。ピッキングには鍵型の道具が必要になる。ただ、この鍵型の道具を活用してもピッキングすることのできない鍵がある。

詳細を確認する

防犯対策で身を守る

一軒家

防犯カメラを活用することは犯罪を未然に防ぐ効果があります。警察が来る前に防犯グッズを活用して対抗することも大切です。防犯カメラの機能を一つずつよく把握しましょう。

詳細を確認する

防犯カメラの機能

扉

防犯グッズには、発見する系のグッズというものがある。犯罪者に直接立ち向かう系のグッズが、それに対するものとしてある。直接立ち向かう系のものには、ドアや窓などで犯罪者を迎え撃つ防犯機能のついた鍵がある。あるいは、持ち歩く系の防犯グッズ――催涙スプレーやブザー、特殊警棒などがある。それに対する発見する系のグッズとは、防犯カメラや盗聴器発見器である。防犯カメラは、それが映し出す犯罪の現場を発見し、盗聴器発見器は盗聴器という卑劣な犯罪道具を発見する。

防犯グッズには、持ち歩く系のグッズと、設置系のグッズがある。そんなところから、話を始めてみよう。持ち歩く系のグッズというのは、たとえば護身グッズのようなもの。これには、防犯ブザーや催涙スプレーのような物が含まれるだろう。カバンやポケットに忍ばせておき、何か起きたときに不埒者に噴射したりピンを抜いたりする。それによって、襲ってくる犯罪から身を守る。
これに対して、設置系のグッズというものがある。最初のページに例として挙げた物のうち、代表的なのは防犯カメラだろう。
それから、防犯機能のある鍵をつけるというのも、どちらかというとこちらの部類に入るだろうし、盗聴器発見器には持ち歩くタイプのものもあるが、最終的には部屋の中で使うものなのでこっちに含めてみてもいいだろう。防犯グッズは、このような概要で語ることが出来る。ただ、どれも活用法を間違えるとほとんど役割を果たさないため気をつける必要がある。