申し訳ありませんが、まだデータがありません。

防犯グッズには、発見する系のグッズというものがある。犯罪者に直接立ち向かう系のグッズが、それに対するものとしてある。
直接立ち向かう系のものには、ドアや窓などで犯罪者を迎え撃つ防犯機能のついた鍵がある。あるいは、持ち歩く系の防犯グッズ――催涙スプレーやブザー、特殊警棒などがある。

それに対する発見する系のグッズとは、防犯カメラや盗聴器発見器である。
防犯カメラは、それが映し出す犯罪の現場を発見し、盗聴器発見器は盗聴器という卑劣な犯罪道具を発見する。

鍵と錠前は、ドアや窓をこじ開けられないように固定する働きをする。盗聴器発見の役割を果たすのは、その名の通りの盗聴器発見器である。
では、防犯カメラは何をするか?犯罪を記録する。ただし、それ以外にも実は機能がある。少なくとも、二つの機能を持っているということが言える。
ここで、その二つ目の機能と、それを果たすことが出来るような設置方法を考える。

「二つ目の機能」というのは、犯罪を未然に防ぐというものである。というのも、ある種の犯罪者にとっては、防犯カメラという存在そのものが効果を発揮する。
「カメラがこっちを向いている」ということに、不安とストレスを覚えて集中力をなくし、結局は犯罪に至らず逃亡してしまうというパターンがある、というのである。

このことは、心理学的にも正しさが証明されていることで、犯罪を行うときの異常に高揚した精神状態にあるとき、人は神経過敏になるか鈍麻になるかどちらかで、過敏になるという方の人間が防犯カメラに「見られる」だけで恐れをなすというのである。
だから、防犯カメラを設置する際にはその「二つ目の機能」も発揮できるような設置の仕方を考えなければならない。
玄関や窓を映し出すように設置すれば、それらを侵入口として入ってこようとする人間は記録できるが、そのとき出来るだけ目につきやすいところにカメラを設置するのが、実は重要なのである。

「防犯カメラ」という名のついた商品の中には、カメラ機能の付いていない偽カメラもある。外見はカメラのような材質で出来ているけれどその実はハリボテで、心理学的な「二つ目の機能」に特化した防犯グッズとして存在している。

錠前は、ドアや窓を鍵を持っていなければ開けることが出来ないようにする。防犯カメラは犯罪者に二の足を踏ませたり、現場を映像的に押さえたりする。
盗聴器発見器は、その名の通り盗聴器発見ということを役割としている。

盗聴器発見というのは、具体的には「電波を捉える」ということを指している。というのも、現代の盗聴器というのは電波を発する「送信機」がほとんどなのである。
どこかにいる受信機を持った盗聴者は、受信機と送信機を通して盗聴している。必要なのは、部屋に仕掛けられた送信機の発する電波を捉える機械なのである。

防犯カメラに写った、新式の錠前に突っ込んで鍵をこじ開けようと必死になっている時代遅れな泥棒が手にするピッキングの道具。
これは、言うまでもなく一般人がみだりに持っていて良いものではない。
鍵開けの仕事をしている人などが持っている他に所持者がいるとするなら、それは、泥棒や犯罪者やコソ泥である。

ただ、盗聴器発見器によって発見される盗聴器は、お咎めなしの装置であるということが知られている。「集音器」という名目で、電気街などで販売されている他、ネットショップでも見ることがある。
盗聴器とは、電波を発したり受信したりする機械のことだが、電波は公共のものなので、盗む盗まないで語られるものではない。それが、法律の「穴」としてある種の盗聴を規制できない状況にある、という現状は知っておくべきだろう。